晴読雨読

暇すぎるから日記始めました

これからの正義の話をしよう マイケル・サンデル

インセンティブ…人々の意思決定や行動を変化させるような要因のことをいう。誘因とも呼ぶ。(Wikipedia)

 
便乗値上げ。
 
幸福とは社会的福利の非経済的な面をも含むより幅の広い概念である。
 
他人の窮状を食いものにする強欲は罰せられるべきであり、報酬を与えられるべきではない。ところが、美徳に関する判断が法律に入り込むとなると懸念を感じるのだ。
 
ベンサムの最大幸福原理と美徳の戦い
 
アメリカの金持ち上位1%が国中の富の三分の一以上を保有し、その額は下位90%の世帯の資産を合計した額より多い。
 
カントの自律の概念
自分が定めた法則に従って自律的に行動するとき、われわれはその行動のために、その行動自体を究極の目的として行動している。
 
カントは嘘を認めないが、誤解を招く真実は認める。
 
実践なくして美徳は身につかない
 
マイケル・サンデルの本、ハーバード大の講義なだけあって難しい。でも、カントの思想の理解にまたひとつ近づけた気がするのでよしとしよう。
自律的な自由(感性ではなく義務として、完全な・・?)自律的に自由で道徳的な人ってブッダとかじゃないですかね・・・