晴読雨読

暇すぎるから日記始めました

1973年のピンボール 村上春樹

「哲学の義務は」と僕はカントを引用した。「誤解によって生じた幻想を除去することにある。……配電盤よ貯水池の底に安らかに眠れ」

 
……二十五歳、引退するには悪くない歳だ。気の利いた人間なら大学を出て銀行の貸付係でもやっている歳だ。
 
ピンボール スペースシップの悲劇。ギルバート社。
 
 
一番好きなのは、失踪したピンボールを探すところ。ある日ゲームセンターはドーナツショップにかわり、は他のゲームセンターを探しまわり、ピンボールマニアを紹介される。が探していたピンボールは珍しい形で、マニアは色々探して見つけてくれた。そして潰れた養鶏場の倉庫はピンボールマシンの墓場で、そこで探していたピンボールを見つける。
 
村上春樹の、あるものをアナログに探して見つけるエピソードがとても好きだ。