晴読雨読

暇すぎるから日記始めました

老人と海 ヘミングウェイ

ヘミングウェイノーベル文学賞を獲った作品。

老漁夫サンチャゴが1人で海にでて4日かけてマカジキを釣り上げるが、帰途サメに襲われて着く頃には獲物は頭だけになってしまう。
 
サンチャゴはサメに獲物が襲われる度に深い絶望を味わう。しかし襲いかかるサメを、モリが奪われてもナイフを無くしても混紡を捨てても舵の柄が折れても撃退する。
 
大きな報酬をサメのような奴らに食い荒らされる何かのメタファーなのかもしれない。