えっ地方でも消耗してるの?

東京どころじゃないんだよ!

詩めくり 谷川俊太郎

五月九日 ウェィッと叫ぶと場が歪んで ウェィッ場が出現する それがウォップ場と異ることを証明せよ 六月二十一日 一生の間にただの一度でも 自分の糞をなめことのあるやつが いったい何人いるっていうんだ クソ! 谷川俊太郎の下ネタがたまらん。 メッセー…

ぼくは猟師になった 千松信也

京都大学の学生寮でシカを解体する。 卒業後は京都だけど山の麓でコンビニがある好立地で運送会社で働きながら狩猟生活を営む。 印象的なのは、猪の肉は若ければ柔らかくて臭みがないのだそうだ。臭いのは内臓の処理が下手だったり血が抜けてなかったりする…

罪と罰

マルメラードフ氏の法事。ラスコーリニコフの全財産で豪華な葬式を取り計らうカテリーナ。しかし彼女の娘ソーニャを軽蔑する人たちはみな来ないし、下品なやつらばかり押しかけた。そこでルージン氏によってソーニャに窃盗の罪を着せられそうになるが、レベ…

シッダールタ ヘッセ

たとえばシッダールタは、断食することを学ばなかったとしたら、今日のうちにも何かの勤めにつかねばならないでしょう。空腹がそれを余儀なくさせるでしょう。長いあいだ飢えに包囲されても、それに対して笑っていることができます。 3つの高尚な無敵の術 …

風の歌を聴け

デレク・ハートフィールドの影響 祖母「暗い心を持つものは暗い夢しか見ない。もっと暗い心は夢さえも見ない」 人間は生まれつき不公平に作られてる。ジョンFケネディー ポータブル・テレビをカウンターに出してもらい 1979年発表作品。電話のシーンを携帯電…

勝者に報酬はない キリマンジャロの雪 ヘミングウェイ

清潔で、とても明るいところ この世は全て、無(ナダ)、であって、人間もまた、無(ナダ)、なんだ。要するにそれだけのことだから、光、がありさえすればいい。それに、ある種の清潔さと秩序が。無(ナダ)、のなかで生きながらそれと気づかない者もいるが、おれ…

生物と無生物のあいだ 福岡伸一

生命=自己複製を行うシステム 陶片に細菌がいる水を入れて濾過し、その実験でウィルスの存在の手がかりをつかむ。 黄熱病も狂犬病もウィルスだったので野口英世は発見できなかった。 ウイルスは限りなく物質に近い 栄養を摂取しない 呼吸しない 老廃物をだ…

老人と海 ヘミングウェイ

ヘミングウェイがノーベル文学賞を獲った作品。 老漁夫サンチャゴが1人で海にでて4日かけてマカジキを釣り上げるが、帰途サメに襲われて着く頃には獲物は頭だけになってしまう。 サンチャゴはサメに獲物が襲われる度に深い絶望を味わう。しかし襲いかかる…

イヤな気持ちを消す技術 苫米地英人

株価が上がるときはゆっくり上昇し、下がるときは短期間のうちに大きくげらくするというのが相場の特徴ですから、下落した時に投げ売れば、大損するのは当たり前だ。 イヤな記憶を消すには、慣れるか、記憶をひきだせないようにするか。 記憶力の差は入れる…

武器よさらば

第一章 風景 第二章 中尉や少佐が神父をからかい、冬で休暇がとれるので、イタリア観光を勧められる 第三章 休暇明けリナルディ中尉という外科医と再会。フレドリックの親友でバークリーに求婚するとか。 人間ってやつは本当にやりたいことをやらない動物な…

東京奇譚集 村上春樹

偶然の旅人 ゲイのピアノ調律師の不思議な体験。村上春樹が語り手として登場するせいで、物語が非常にリアルな感じになる。かたちのあるものと、かたちのないもの、どちらかを選ばなければならないとき、かたちのないものを選べ(間違ってるかも) ハナレイ…

金持ち父さん貧乏父さん ロバートキヨサキ

1.金持ちはお金のためには働かない たいていの人はお金をたくさんもらえても、請求書の数が増えるだけなんだ。 今の僕のお金の使い方なら絶対にお金はたまらない。給料が増える→買う量が増える→お金が無い。 自分の行動や思考を支配しているのが感情だという…

われらの時代 男だけの世界 ヘミングウェイ

ヘミングウェイの文章の乾き具合が好きです。 ニックが釣りをする話と、病み上がりの闘牛士の話と、やる気のなさそうなボクサーの話が特に良かった。 アウトドアしたくなるね 追い抜きレース おれは調子よく立ちまわれないんだよ。たいてい、ひっかかっちま…

日はまた昇る

戦争の後遺症でインポテンツになったジェイク君。そしてむかしの恋人のブレットが出てくる。 ジェイクはパリの友人と一緒に魚釣りのバカンスに言って、スペインで合流して祭りに参加する。ユダヤ人がブレットを愛するあまりにジェイクや今の恋人のまいけるを…

持たない生活

エッセイストのシンプルライフ本。あまりそそられなくて途中で辞めた

自分の仕事をつくる 西村佳哲

働き方の本だと思うやん?ほとんどデザインの仕事してる人のインタビュー本やねんなあ。 柳宗理がいいこと言ってたけどこれ以上読む気にならん!なんやこのエリートども!おれは自分で選んだ仕事に悪態を着くタイプのダメ人間なんじゃ!幸せになりたいのに深…

月3万円ビジネス 藤村靖之

月3万円ビジネスを読んだ。 月3万円ビジネスの醍醐味は3万円以上稼がないことだ。 それ以上稼がないようにすることで、同業者との需要の奪い合いをなくせるからだ。 支出を減らすライフスタイルの提案をしている。支出を減らすには街からすこし離れた少田…

稼がない男

西園寺マキエ著の稼がない男という本を読んだ。 著者は40代後半のフリーライター。その彼氏であるヨシオが稼がない男だ。 ヨシオは都営運動場で働くフリーターで月収は11万円ほどで一人暮らしをしている。 収支をエクセルで管理している。趣味は絵画。 …

あああ!?

あ、ああ!?あああ!? ああああああなんだこれえええええええええ

120日ぶり

120日のブログ更新です。 4ヶ月前といえば7月か、夏だなあ。自転車で琵琶湖一周したんだった。ぼくはヒョロガリやから、バイトの人たちに一周できるんか心配されてた。じつは高校時代に2周してたりと、かなり暇人な高校生だった。 高校時代は黒歴史(生きて…

だるい2

あと十分で行かないといけない。めんどうくさい。寝るのが面倒臭い!鼻くそはめっちゃ出てくるしクソばっかり生産している、 マインクラフトで、一括破壊系MODを入れたよ。サクサク伐採サクサク採掘楽しいです。村を発展させている。仮倉庫と拠点ができたの…

雑器

顎をグッと動かすと右耳の鼓膜が鳴る。この現象が始まったのは中学生のころだったが記憶が曖昧。両耳の鼓膜を外に押し出したり鼻を塞いで鼓膜を吸ったりもしていた。どうやるかはできるけど自分でも説明できない。 大学に入学した時は髪を染めて剃り込みを入…

ああ

一人っ子です。内気な小学生でした。祖母や母の前では饒舌でした。学校で、元気のいい同級生たちには強い口調で会話することができなくて、というか同級生がすごく怖かった。体育のドッジボールや野球で同級生に怒られるのがすごく怖かった。勝つとかが理解…

ツイッターみちゃ

ツイッターみちゃった・・・。ツイッターやりたいけど、また日常が他人に侵食されるかもしれないからな。今はやってもいいかなとか思うけど、ファクトリーから逃亡した身やし・・・。くだらないことをまたごたごたつぶやくのか?自分の揺らぎやすい意思をい…

不幸自慢

飢えや死の不幸の分を、豊かになってもその不幸や苦しみを人間は背負おうとするのかもしれない 生きることに希望はもてないし、死ぬことにも希望がもてない。死後になんの保証もない 冷静じゃない時の失敗の埋め合わせをすることが人生なんかな 希望とかクソ…

ハレの日

最近なにかあった?と聞かれてとっさに答えられないのはかなしいと思う。なにもないというのは、毎日を適当に生きているということだし。日常に全く注意が向いていないということなのではないだろうか? 今日は50回スクワットした。2日前は40回で足がパンパ…

理解

理解しろと言ったって理じゃないことを解するにはどうすればいいんだろう? 口の中がヒリヒリするのはカレーに鷹の爪をいれすぎたせい。 お風呂に入らなきゃいけないけど入る気になれない。

インプレッションオブトゥデイ

店にハチが入ってきて客が刺されたとかでごねてきてうざかった。 7歳くらいの女の子が抱えていたぬいぐるみがおむつをはいていた 図書館で律さんに会った。 ランボーがわからない。

夜だよ−

23時にもなってほっこりもしてこない 熱いし胸糞悪い情報を見て恐怖心に襲われて怖い。 ボードレールの詩集を読んだ。ただ文字の上を目が滑っていくこの快感 もうどんな本でも読めそうだ。老人と海に生きたいんじゃ

熱いです

ワンルームマンション熱いです 汗はかきません。部活でみんな汗でびしょびしょなのにぼくだけシャツが半分しか汗で濡れてないとかでして、代謝が悪いのか全力じゃないのかわからない。 詩 投稿 でぐぐるととても香ばしいです。詩なんて「これは詩だ」といえ…